ビタミンC誘導体カテゴリの記事一覧

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは


ビタミンC誘導体とは、美白作用があるビタミンCよりも角質層の透過がよく、より長い時間皮膚内にとどまるように改良された美白成分のことです。


ビタミンCの弱点を改良したビタミンC誘導体。


ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、活性酸素の除去・ニキビの色素沈着の防止・メラニン色素抑制など様々な効果が期待され、美肌・美白の為には欠かせない要素となってきています。


ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性とがあります。


ビタミンC誘導体には、肌へのなじみをよくし、酸化されにくくするリン酸基が結合しています。


ビタミンC誘導体が皮膚の内部へ入っていくと、細胞からこの結合を切る酵素が分泌され、メラニン色素に近い距離でビタミンCに変化し、新たに生産されるメラニン色素の元を分解してくれます。


こうしてビタミンCは、皮膚の内部でコラーゲンの合成を促進、保湿を促すので小ジワやたるみ防止、肌の若返り効果があり、人気が出てきています。


そこで、ビタミンCが本来持っている効果を、肌に直接働きかけて使うことはできないかしら?と偉い人は考えたのでしょう。その結果生まれたのが、ビタミンC誘導体と言われるものです。


ビタミンC誘導体が含まれる化粧品は、紫外線で分解しやすいので、容器や保管場所などに注意してくださいね。




Copyright (c) ビタミンC全集@ビタミンC誘導体. All rights reserved.


ビタミンC全集@ビタミンC誘導体サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。